毒草一覧次の花
シュロソウ


黒紫色の小花を穂のように付けて咲きます。アオヤギソウにそっくりですが、小豆色の質素な花を咲かせます。根を粉しにて農作物の害虫駆除薬として用いたりもします。茎の根元にシュロ(ヤシ科:Trachycarpus fortunei)のような毛がつくところからシュロソウ(棕櫚草)の名前となりました。アオヤギソウの変種。


毒草名  シュロソウ(棕櫚草)、日光蘭
学 名  Veratrum maackii REGEL var. japonicum T. SHIMIZU
特 性  ユリ科 シュロソウ属、山林の中に生育する耐寒性多年草
花 期  5〜6月
毒の部分  全草、根、茎
成 分  ベラトラミン(Veratramine )、エルピン、ジェルビン(Jervine)
症 状  嘔吐、下痢、痙攣、昏睡、麻痺




両性花(完全花)と雄花を持ちます。主軸に咲くのが両性花。

 



 

≪MEMO≫
・漢方薬草:藜葦(レイロ)=毒虫さされ、緩下。[下薬]


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS